iPhoneと一言に言いましても、実際には世代や種類ごとに様々な製品があります。最初の一台は経験や知識が無いため、適当に買う事が多いでしょう。しかし二台目以降は、最初のお買い物の経験を活かして自分が欲しいに使いたいスマートフォンをゲットしたいところです。同じiphoneでも、スペックやデザインに大きな差がありますから、iphoneの機種別比較で自分との相性抜群のアイテムをセレクトしましょう。

現状一般ユーザーが比較的簡単にゲット出来る機種ですが、Xと8になります。7はそろそろ入手困難になっています。既に7を持っている方はiphoneの機種別比較で、8に移行するか、Xに乗り換えるべきか比べておきたいところです。

Xと8の価格面の比較ですが、前者は基本的に10万円を超えます。appleとしては異例な高級スマートフォン路線です。購入方法によって多少前後しますが、一台あたり13万円前後となります。8の方は平均的な価格帯であり、9万円から10万円以下で基本的に手に入ります。

7世代目のCPUはA10チップであり、たいしてXと8の次世代機はA11チップであり、演算能力が極めて高く設定されており、重たいアプリを同時並行で動かしてもサクサクです。

カメラ機能を比較すると、高級機のXの方があらゆる面で勝っています。広角と望遠の両方で高品質な撮影が出来、8の方は5倍デジタルズームにしか対応していませんが、Xは2倍工学ズームと10倍デジタルズームに対応しており、動画撮影の方も24fps、30fps、60fpsの三種類の4K動画に対応しているのが特徴です。

バッテリーの持ち時間を比較しても、Xの方は基本利用で約20時間持ちます。対して8は約14時間です。iPhoneをビデオカメラやデジタルカメラの様に旅先で使いたい、普段から電池切れや延滞のストレスに悩まされたくない、と感じている方は高級機を、特にそれらの点に関心がない方は7から8に乗り換えるのがオススメです。