景気が良くなっているようですね。。。
期待はしていないんです。
でもうちの旦那さんは絶好調だようで、商談が次々決まって行ってます。
毎日ご機嫌さんです。
民主党から自民党になって、景気ってよくなってるように見えるんですけど、サラリーマンってなんにも変わんないみたいですね。
私は民主党は反対だったんですよね。
まぁ、なんで反対だったかなんて説明できませんけどね。
ただ、ずっと続いてきたものに変化をつけるということが怖かったんです。
もしかして日本の救世主的に活躍してくれるかもしれない。
でも、もしかしたら失敗するかもしれない。
自民党がダメだダメだなんて言われだして、だから「民主党」にするっていう賭けみたいなのが怖かったんです。
だってすごく良くなるか、すごい失敗をするか、どっちかしかないんですから。
だったら、このままなだらかに悪くなるかもしれないけど、大きな変化のない自民党で良かったんじゃないかって思います。
でも、自民党がダメになって、民主党になって、
でも、民主党もダメになって、自民党に戻ったから景気が回復してるんですよ!
っていう見方もあるかもしれませんが、
自民党がダメにして、更に民主党でもっとダメになった間に、仕事がダメになった、生活がダメになった人間が何人いるか・・・・と思うとね。
政治について詳しいわけでも、注目しているわけでもないですが。
変化を付けるって行動が、普通の企業ならちょっと考えられないなって思うんですよね。
日本国っていう企業をうまく運営していける、社長さん(総理大臣)が必要なんじゃないかなって思います。
なんで商売しないんでしょうね。
結局日本でみんながお金を使わないから儲かんないんでしょ?
儲かんないから税金高くして、文句言われてるんでしょ?
なら、サービスを提供して満足してもらってそれでお金儲けしたらいいんじゃんって思わないんですかね?
それは、日本人に対しても、外国の人に対しても。
GWやお正月に海外に行く日本人に対して、日本で旅行したらいいじゃんって思わせるようにするとか。
なんかいろいろ方法があると思うんですよね。。。。
例えば、総理大臣が敏腕社長だったら、日本を儲けさせることができるんじゃないか・・・なんて。
まぁ、自民党に特に期待はしていませんが。
総理大臣なんかに期待する方がおかしいんですよね。
消費税10%になるなら、利益10%増やして儲けてやる!ぐらいの意気込みで、日本人全員が思えばいいんですけどね。
なかなか、難しいもんですね。